人事制度コンサルティング 事業戦略の実現と組織の成長を実現する制度構築コンサルティングです。

ホーム > 人事制度コンサルティング

Step1 振り返り及び再確認
ミーティングをもとに基本となる経営理念やミッションを明らかにする。

会社の価値観や方向性を明らかにし言語化する。

経営理念やミッション、会社の方向性や価値観に従い組織におけるあるべき姿や人事制度全体のポリシーを明らかにする。
Step2 現状の把握
現地法人及び組織の現状を把握する。

・基礎情報
・組織
・人事制度
・コミュニケーション
Step3 ギャップ及び課題の抽出
現地法人における「目指すべき姿」と「現状の姿」のギャップを確認すると同時に現状における課題を抽出する。

ギャップ及び課題を整理し、具体的な制度策定に活かしていく。
Step4 人事制度の具体的設計
社員のモチベーションアップを含め、中国の国情に合わせた現地法人独自の人事制度の具体的設計のディスカッションを開始。

・人事制度改定の目的の明確化
・等級及び要件の明確化
・評価制度の設計
・給与制度の設計
Step5 人事制度運用準備
人事制度ハンドブック及び各種規定の作成。

社員への制度及び体系の透明化及び浸透目的とし、共有化していくためのツールとして人事制度ハンドブックを作成。

社員への説明及び浸透の方法についての計画を立案する。
Step6 アフターフォロー
新人事制度導入前後のアフターフォロー。

社員への導入後に起こるであろう問題への対処。

実際に制度を運用、浸透させる上で障害となる要因を予測し、ミーティングを中心に把握し対処していく。

状況に応じて研修を企画立案する
■中国に進出した目的は何か?中国における存在意義は何か?中国におけるミッションは?何を実現するために?人事制度は中国における事業戦略を推進するための手段のひとつであると考えます。

■何が目的なのか(事業戦略)、その目的 を達成するためにはどういう組織にすればいいのか(組織戦略)、その組織を円滑に動かすためにはどういう制度 (人事制度)で運営すればいいのかという流れの一部分であるととらえます。

■中国への進出目的は企業によってそれぞれ違っており、企業にとっての価値観や方向性を最初に議論・確認し、議論した価値観や方向性に基づきながら各社独自に設計・策定することが必要です。
大手アパレル F社様 将来の中国進出に向けた準備段階として、日本における現存の人事制度をそのまま中国で使用した場合の問題点及び課題レポート(現在上海に進出済み)
日系大手
通信メーカー N社様
北京にある大手通信メーカーにおける従業員の賃金・評価制度を主体とした人事制度の設計
日系大手
精密機械メーカー S社様
全中国10拠点300人の従業員全体の賃金・評価を含めた人事制度の設計及び運用のサポート 管理職向け(中国人社員)の独自プログラムによる目標設定研修の実施
日系大手
精密機械メーカー M社様
業務内容の把握及び管理職の意識改革のための中国人社員のジョブディスクリプション作成(香港) 管理職向け(中国人社員)の独自プログラムによる研修の実施
日系大手商社 T社様 人事制度諸制度の改定におけるコンサルティング及び人事制度ハンドブックの作成コンサルティング
日系大手メーカー D社様 社員の業務に対する意識調査の為、管理職14人に対しての個別インタビュー実施及びレポート提出
日系大手メーカー T社様 賃金や評価を含む全般的な人事制度諸制度の改定におけるコンサルティング
日系大手メーカー D社様 社員の業務及び会社への意識調査をかねた管理職17人に対するインタビューの実施及びレポート 賃金・評価を含む人事制度改定を含めた全般に対するコンサルティングの実施
日系コンサルティング I社様 人事制度諸制度の改定におけるコンサルティング及び人事制度ハンドブックの作成コンサルティング
日系大手商社 M社様 人事制度諸制度の改定におけるコンサルティング及び人事制度ハンドブックの作成コンサルティング
サービスのお申し込みはこちら TEL: +86-21-5211-0505(#377)  E-mail: hr@yingchuang.comWEBからのお申し込みはこちら

このページの先頭へ

人事労務Q&A 須藤洋介のTime is “Life”

Contact Us お問い合わせ